お金を貯める方法

新婚1年目ですが、結婚すると予想以上にお金が必要なことがわかりました。主婦の皆さんは毎月どうやってやりくりするか、頭を抱えている事だと思います。一体どうやったらお金が貯まるのでしょうか!?以下は現在進行中の私の節約実践記録です。

■家計簿のようなものを作る
最初は毎月赤字になることは諦めました。そのかわり、表計算ソフトで、購入したものや値段をに記録していき、毎月の合計を分類していきました。食品・生活雑貨・光熱費・交通費・家賃・その他・・・。
1~2ヶ月たつと、①「これは無駄にかかっていて節約できる」、②「これは節約しようがない」などがわかってきました。私の場合、①は食品・生活雑貨・光熱費・その他、②は交通費・家賃です。私は光熱費が節約しやすそうだと考え、光熱費の節約から始めました。風呂の追い炊きをなるべくしない、浴槽の蓋がなかったのでホームセンターで購入する、夏場のクーラーで27度以下は禁物(その代わり寝る時タイマー運転はやめる※)等です。
※クーラーはコンプレッサーの起動に電力を使うので、何度も点け消しするくらいなら点けっぱなしの方が電気代が安くなります。その場合、27度程度で点けっぱなしにするのがましです。タイマー運転はタイマーがきれたときに室温が急上昇して
夜中起きてしまい、睡眠不足になる事もあります。

■家計簿を見ながら次の計画を練る
光熱費は少しずつ節約できましたが、まだ最初なので大きな効果はありませんでした。そこで次は食品の節約です。外食をやめて自炊の割合を増やしました。これはかなり効果がありました。細かいところでは、私が会社で飲んでいる自動販売機のコーヒーは全てやめて、スーパーのまとめ買いでコーヒーを買い、会社に持って行くようにしました。毎日120円使っていたのが68円になったので、毎週260円の節約です。更に、次はその他の煙草代を節約しました。煙草はコンビニの箱煙草購入をやめて、手巻き煙草にしました。こちらも毎月3000円くらい節約になりました。

■いきなり大金を節約するのは難しいが・・
結論は「いきなり大金を節約するのは難しい」です。絵に描いたような節約はすぐにはできませんでした。ですが、家計簿から、去年の支出に対して今年の同じ月の支出は5万円くらい節約されている事がわかりました。一年もかかりましたが、これは成功といって良いのではないかと思いました。家計簿を見ていれば他に節約できそうなところはどこか?といった計画を立てやすいです。
家計簿は多くの人が付けていて、当たり前のように思われるかもしれませんが、何にお金が使われているのか「見える化」するのは大事です。例えば、①「これは無駄にかかっていて節約できる」ですが、家計簿をつけていると、何から節約していくかの優先順位も見えてきますし、いくら節約したいか・節約できそうかなどの計画・予想も立てやすいです。

■夫婦で協力する・モチベーションを持つのが大事
こうやって家計簿を見ながら計画をたてて小さな事から一つ一つ節約できたのは、夫婦の協力あってのものだと思います。また、「いつか大きな部屋に住みたいね」など、将来の目標を話し合い、モチベーションを保ってきました。(まだ、ほんの一年程度ですが笑)
精神的な話ですが、毎週宝くじ(200~300円)を一口だけ買うのが私の趣味です笑。宝くじ代を稼ぐ為に、毎週400円以上は節約する事にしています。「当たったらどうしよう?」でドキドキできるのは精神衛生上良いと思っています。しかも400円以上節約していれば宝くじを買ってもお金は貯まるので、節約の意欲が湧きました。夫婦生活でなくても、こういったモチベーションの源泉を探してから頑張るのも大事だと思います。

この記事が皆様の何かのお役に立てれば幸いです。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

無駄だと思うこと

自分という人間がわかってくるとお金を節約できるようになります。難しいことは考えなくても良いけれど、たとえば自分に似合う服や持ち物がわかれば、買い物で失敗することが減ります。

買い物で失敗することが多いとお金は早くなくなります。結構早くなくなってしまうので、買い物で失敗しないように、買った服などは何度も何度も着て元を取るくらいのことをしないとだめです。

「数回袖を通しただけでもう着なくなった」なんてことが一番無駄なのです。カードローンユニバーシティ.com

急な出費といえば

急な出費といえば冠婚葬祭にかかる費用です。おめでたい入学、入社や還暦のお祝いなどはまだ計算して想定できる要素がありますが、結婚や葬儀は特に突然知らせを受けてお祝いなり香典なりを用意しないといけないのでたいへんです。どんな人でもある程度は想定してその分のお金を準備していると思いますが、それでも連続で重なるときはさすがにちょっと足りなくなってしまうこともあると思います。こればかりはどうしようもないので仕方がありません。

夏のプールを安上がりに済ませる

夏になると、子供が小さいうちはプールに行くことが多くなります。

しかし、暑いプールに一日中いると、思っていたよりかなり予算オーバーになってしまいます。

まだ、夏のプールで過ごすのに慣れていなかった私達家族は、初めてのプールの時には、散々お金を使ってしまいました。

まずは、飲み物です。

暑くてたまらないので、少し休憩している間はとにかく喉が渇いてたまりません。

安くもないプールサイドの自動販売機で何度もお金を使いました。

熱中症になるよりはマシですから。

そして、お腹も空いて、大して量もなく味も普通のラーメンを並んで家の倍の値段で食べました。

また、思っていたより暑くて、プールサイドを歩くのに裸足が辛くなり諦めてビーチサンダルを家族人数分、買いました。

帰りにもお腹が空きすぎてプールの出口でお菓子を買っていました。

入場にもお金がかかっていますから、相当の出費となった訳です。

初めてでしたから、良い勉強をさせてもらったと思っています。

それを反省して、次の時には十分な支度をして出かけました。

テントも持参し、100円ショップで購入してきた保冷バッグに、激安スーパーで購入した自動販売機の半額以下のたくさんのペットボトル飲料

を持参です。さらに、スナック菓子やおにぎりもたくさん持って行くことにしました。

やっぱり、二度目となるとスムーズです。

券売機のまえでは、長蛇の列でしたが、既にネットから注文しコンビニで券を発券して持ってきた我が家は、スイスイ入場口へと進みました。

日陰の良い場所にテントを張って、準備OKです。

余裕があると、楽しさも2倍です。

疲れても、テントで休めるし、お腹が空いてもすぐに、並ばずに、高いお金を出さずに食べられて、ストレスフリーです。

加えて、冷えた飲み物も豊富にある、素晴らしい環境となりました。

準備さえ、しっかりすれば、夏のプールも一日中子供と大人、がっつり楽しめて最高です。

あと何年かは、子供を連れてきてあげる訳ですし、気合を入れてプールのための環境を整えるグッズをさらに揃えようかな、と思います。

広島県河内にある滝!

広島県河内にある滝スポット、国道から徒歩10分以内のとこにある滝として多くのカメラマンがひっきりなしに訪れます。しかも裏山ルートから女王の滝にも行けれるとして広島ニ大滝巡りスポットとしても名高いです。



瀑雪の滝は、入口がキン肉マンに登場するブラックホールみたいな感じで神秘な世界へいざなわれます。



また滝近くの赤い橋と渓流は見事なアートみたいでした。



雪が飛び散るイメージの滝は夏の避暑地や夏の子供たちが水遊びできるスポットとしても人気が高いです。

夏休みの子供

夏休みの子供といると、毎日の出費が増える。実際、幼稚園の費用は月割りなので、休みの月でも変わらずに引き落とされるため、余計にそう感じてしまう。普段の幼稚園費用プラス、子供を外に連れ出すときのおやつ代や水分補給、交通費。夏休みだからと、つい初めは散財してしまったが、ずっとこのままでは敵わない。外に出たがり、出たら出たで喉が渇いた、お腹すいた、ばかりだ。いくら家からもって行ってもしれている。水筒に入れるというのは、その水筒を子供が必ず持ち歩くような体力になってからだと思う。なのでいつも、持ち歩くのは自分の水筒のみにしている。空いてからそこに、その都度新しくペットボトルのお茶を買い継ぎ足す。これも近くにスーパーやドラッグストアがあれば良いが、自販機では高い。そこら辺もモヤモヤしてしまう。夏休みは、母親にとってはなかなかの長い試練であると思う。

「家庭の味」ってよく言いますが、自分にとって、家庭の味は、、、、

と一瞬、すぐには思いつかないです。

もちろん、子どもの頃から、母親の手作り料理をたくさん食べさせてもらいました。

でも全部おいしかったので、特に、これが「家庭の味」と言うものはないのです。

友人たちに聞いたところ「カレー」と言う意見が結構ありました。

カレーって日本食ですか?と言う点は、まあいいですが、カレールーですよね。

大体の家が同じ味ですね。

となると、やはり家によって味の異なる、味噌汁とかが家庭の味になるのでしょうか。

なんとなく落ち着かないので、家庭の味は、「肉じゃが」にしておきます。

みんなも納得すると思います。

でも実際は自分の家、母が肉じゃが嫌いだったので、食べてないっす。

ヘビは好きですか?

聞いた話なんですけど、人間って「脚の無い物」か「脚の多い物」に苦手意識を感じるんですって。

それがおかしなことに、無い物が苦手な人は多い物が平気で、無い物が平気な人は多い物が苦手な傾向にあるのだとか。



なるほど、たしかに私は脚の多いクモとかムカデはすこぶる嫌いですけど、ヘビは全然平気なんですよね。

友達なんかは両方とも嫌いだって意見でしたが、まあ、飽くまでもそう言う傾向があるってだけですからね。

両方とも平気って人も居るみたいですし。



しかしよくよく考えてみると、やっぱり多足生物、と言うか昆虫はあんまり好きじゃないですね。

似た形状のカニとかエビ、シャコも出来れば見たくない感じです。



無足生物を考えた時、ヘビは好きだけどナメクジは好きじゃないです。でもカタツムリは平気だったり。

あれ、そう言えば殻が無くなったカタツムリがナメクジになったんでしたっけ。

あの殻があるのと無いのでは印象が全然違うんだけどな。



だってほら紫陽花の葉っぱにカタツムリが居たら、ああ梅雨だなってちょっとワビサビを感じますけど、ナメクジが乗ってたら俳句どころじゃありませんよ。

けどまあ、どっちもヌメヌメしたボディが苦手です。



その点ヘビはヌメヌメしてないし、顔は可愛いし、何より金運の象徴って感じじゃないですか。

好きと言うには動機が不純ですけど、ヘビの小物を持っているとなんとなく良いことが、特に金銭面での良いことが起こりそうな気がするんです。



夢占いでもヘビの出る夢、特に白や金色のヘビは良いものだって聞きます。

私も以前に白い蛇と戯れる夢を見て、これは凄い吉夢だと舞い上がった物です。



夢のおかげでしばらくはうきうきした気分で過ごしていましたが、特に自慢できるような幸運や金運が向いたと言う事はありません。

むしろちょっと試されてるような事が次々にやって来てますねー。



私の幸運は一体どこからやって来るのか。



贅沢したいわけじゃないです。

ただ、精神的に余裕があって優雅な生活をしたいなあ、と。

宝くじを当てるしかないのかなー。

カードローン、キャッシングで借入をする際には返済の負担を軽減するためにも、低金利で借入が出来るサービスを選択することが重要になってきます。そうした低金利での融資を希望されているという方には楽天銀行のカードローンサービスである、楽天銀行スーパーローンがぴったりな内容となっております。他のカードローンサービスと比較しても低金利で設定されておりますので、返済までにかかるトータルコストを考えると非常にメリットがあると考えられます。
また楽天銀行スーパーローンでは原則として限度額が300万円までの借り入れであれば収入証明書が不要になっておりますので、キャッシングなどの申込みで必要書類を準備するのが面倒だという方や、必要書類の準備で時間がかかってしまうというシーンでも役立つものとなっております。
さらに収入証明書などの提出によって最大限度額500万円までの借入が可能になってきますので、既に複数のカードローンを利用していておまとめローンとして利用したいという方にも便利なものとなっております。借入先を一括で管理することによって計画的な返済に役立てることができますし、金利も低く抑えることが可能になりますので、返済時の負担を軽減させるという目的でも利用できる内容となっております。
また楽天銀行スーパーローンでは、金利の高いカードローンからの乗り換えなども利用できるようになっておりますので、現在カードローンの返済でお困りだという方にも安心して利用できる融資サービスとして認められております。

様々な事情から融資が必要になってしまった時、特に気軽に利用できるローンといえばカードローンです。その理由は、借り入れ金額が千円や1万円という僅かな金額から利用でき、最大で500万円くらいまで可能だという点と、担保などを一切必要としない手軽さがあるからです。

銀行で融資を受ける時などに必要になるのが担保ですが、カードローンならば銀行が取り扱うローンでありながらも担保がいりませんから、今まで担保にできるものがないから、と融資を諦めていた方でも安心して申し込む事が可能です。

また、通常のローンは審査に時間がかなりかかり、急いでいてもすぐに融資を受けることは不可能なんですが、銀行カードローンならば驚くほどのスピード審査が可能なので、急いでいる時にも最適なローンだと言われています。
とはいえ、申し込んだその日のうちに融資が必要という時は、銀行カードローンよりも大手消費者金融の方が向いているので、どのくらい緊急かによってどちらのカードローンに申し込むべきかを決めるといいでしょう。

では、できるだけお得に融資を受けたいという場合はどうかというと、やはり利息が低い事で有名な銀行カードローンがおすすめです。どうせ少ししか変わらないと思うかもしれませんが、消費者金融と比べると結構な差があるため、長期返済計画を立てている場合は絶対的に利息の低い銀行カードローンがお得になります。
逆に短期のみの理由ならば消費者金融でもそれほど変わりません。