厳しい出費

まもなく息子の入学準備と共に、ランドセル、制服、もろもろを買わなければいけません。

かし、ボーナスなどもなく、しかも年末年始という事もあり、いやでも出費はかさむばかりです。

入学を考えると子供の成長を実感し、嬉しい気持ちのもなるのですが、やはり出費を考えると気が重くなってしまいます。

どこから、このお金をだすのか。

お金がなくても、子供に嫌な思いはさせたくないので、必死に準備しなければと思います。

しかし、どうしたらいいのか、いい答えはみつかりません。

私は老後のことを今から心配しています。

ノーローン 増額のことならこちらをご覧下さい!

結婚出来なかったらずっと一人だし、一体誰が面倒見てくれるんだろうと。
出来れば施設に入りたいけどお金が掛かるし、私は中途半端な障害者なのでお金も少ないし障害者年金も貰えません。
老後の為に今から貯金をちゃんとしておかなければならないのでしょうか。
施設に入るにはかなりのお金が必要みたいですし、自分は孤独死してしまうのではないかという想いが強いです。
孤独死はしたくないなー。

消費者金融で審査落ちする原因

消費者金融は銀行系のキャッシングやローンに比べ、比較的審査にも通りやすいので、借り入れをしている方も多数いらっしゃいますが、普通のサラリーマンや主婦が消費者金融で審査落ちする場合、根本的な原因が存在します。



消費者金融はもし返済が滞ったとしても、回収できるように金利を高くするなどの策を講じていますが、給与や住居年数・勤続年数などで問題がない場合、落とされた原因は以前返済が滞った場合登録される「事故情報」が原因の場合があります。



一般的にはブラックリストと呼ばれていますが、借り入れ情報などは信用情報機関に登録されていますので、1度登録されてしまったら情報は5~7年間は消えません。登録された場合、審査に通ることはまずありませんので、気になる方は信用情報機関へ問い合わせてみましょう。

カードローンというものを初めて利用してみました。
別に私がお金を使い過ぎてお金に困り借りた訳ではありません。
学生の頃の友人の結婚が立て続けに3つもありお金に困窮してしまったのです。
ひとり暮らしをしている20代のOLの私にそんなにお金がある訳がありません。
最初は親に泣きつこうかと思いましたが社会人として自分なりのケジメとしてそれは止めました。
どこかでお金を借りようと調べた結果、私が口座を持っている銀行のカードローンが良いだろうとなりました。
手続きはすべてネット経由できたの呆気にとられるほど楽でした。
返済も口座から自動で行われるので忘れる心配がなく安心でした。
必要な場合はまた利用してみようと思っています。

楽するにはお金がかかる

毎日寒くて嫌になります。

風が冷たくて、雨まで降って、そんな日に外に出なくちゃいけないなんて辛すぎます。
こういう時に宅配サービスに頼りたくなっちゃうんですよね。

近所のスーパーも買い物の合計が3000円以上になったら家まで届けてくれるサービスを始めたみたいなんです。
でも、普通に買い物したら一回の買い物で3000円なんて使わないんです。

寒さを我慢すれば余計な買い物しなくて済むけど、余計な買い物すれば寒さにさらされずに済む・・・。

誘惑に負けそうになりましたが、結局ガマンして買い物に行ってきました。
節約節約・・・!

消費者金融について 

消費者金融でお金を借りていることを家族に知られたくないという場合に気をつけなくてはならないことについていろいろと考えてみました。
普段使っている財布に消費者金融のカードを入れないということや明細書をポケットの中に入れっぱなしにしないことなどがばれないために大切だということがわかりました。
申し込むときにはインターネットからにしてパソコン上から明細を見ることができるようにしておくということも忘れてはなりません。
返済期日までに返済することを忘れないように手帳に秘密マークをつけておきましょう。
これだけ努力してもばれてしまったら開き直って素直に真実を話しましょう。

消費者金融を賢く利用するために

お金が必要になったらどうしますか。
10万円単位の大きな額になると、なかなか周囲に借りづらくなるでしょう。理由も聞かず貸してくれるような親切な人がいれば、すぐにでも借りられますが、世の中そう簡単ではありません。
そんな時に役立つのが、消費者金融のキャッシングです。使途理由は聞かれずに、貸し付けてもらえます。消費者金融によっては、初回契約時は、無金利で貸してくれる大サービスを行っているところもあるので、事前に調べておくとかなりお得に借りられます。
借り過ぎは良くないですが、必要な額を必要なだけ借りるなら、キャッシングも便利なツールになるでしょう。